カワイ出版1月発売
内藤 晃:アニバーサリーピアノ曲集「今年が記念のわたしたち2020」
editionkawai.jp/blog/2019/12/2

全音で気になったコンサートのチラシをくださいといったら一緒にくれたチラシ。
来年ショパンにちなんだ曲集が出て、あのナショナルエディションが全音から来年出る!という

ちなみにコンサートはこちらで、各地ほぼ満員という

zen-on.co.jp/score_news/201912

来年あると聞いていたリフシッツのベートーヴェンソナタ全曲。GW付近にあちこちのホールでやるようです。(ちょっと変わってるよねこういうの)
japanarts.co.jp/news/news.php?

10/9 14:00から
ヤブウォンスキリサイタル
ポーランド大使館

ちょっとウェブの情報が見つかんないのでショパンインスティチュートのFBのキャプチャ貼っておきます。売り切れとかだったらごめんなさい。

ヤマハのお店で秋のしおりフェアやってまして1000円以上買うとドイツの有名楽譜出版社のデザインのよいオリジナルしおりもらえます。
今月はブライトコプフ社
10月はヘンレ、11月はべーレンライターです。
楽譜などを買ってしおりを集めましょう!

なんと武蔵野 ゲルギーと来るババヤンのソロを!

ちょっと、いまさらで申し訳ないのですが、マストドンでも個人ページのアドレスがわかれば、普通に一般的に投稿情報が公開される仕組みだということがわかりました。マストドン内のグループ内公開だとばかり思っていたのですが、ちゃんとしたクローズド(FBやmixi)のサービスではないようです。
投稿内容を完全に非公開にするには、設定→プロフィールの「承認制アカウントにする」にチェックを入れます。そうするとTwitterのように鍵付きアカウントとなり、フォロワーのみの公開となります。
また、Googleなど外部サービスエンジンの検索結果に投稿内容が表示されないようにするには、ユーザー設定→その他の「検索エンジンによるインデックスを拒否する」にチェックを入れます。
クローズドなサービスということで最初説明をさせていただきましたが、どうやらそうではないようで、すみませんでした。

今日お昼ハンガリー料理を食べたらレストランに日本で行われるハンガリーイベントのリーフレットがありまして、そこからの情報を2つ。
こういうのって限られたとこにしか置いてないから出会えたらラッキー的な。

馬場のチャイカ店先には演奏会チラシがありここも私の情報源

ナタリア・コリチェワ ピアノコンサート(きららホール 令和元年7月20日[土曜日])

日本を拠点としているようで、経歴はこちらから。
russia-piano.skyward-music.com

プログラムの最初がピアノコンチェルト(ラフマニノフ ピアノソロバージョン)と書いてあるのがロシアピアニズムやはりすごいなあと。

city.funabashi.lg.jp/shisetsu/

速報
ポゴレリッチがソニーと契約し今年夏に新譜発売。

浜コン優勝者のチャクムルさんの初録音、BISから出るようです。小川審査委員長がBIS所属ですからその影響でしょうね。楽しみです。

来年はクララ・シューマンの生誕200年ということで全曲コンサートシリーズが企画されています

パウゼのサイトにまだ出てないんだけどポーランド文化センターからの情報です。
ヤシンスキのショパン論。
平日午前なので都合のつく方はぜひ。

渋谷に新しく出来たピアノスタジオとホールの様子です。
ホールにはファツィオリ、スタジオにはベヒシュタイン、ベーゼンドルファー、ヤマハ、スタインウェイ

速報
来年6月 アンドレイ・ガヴリーロフ ピアノリサイタル@ひまわりの郷
懐かしのピアニストだよな。

Show more
Piano Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!